バラ花壇

花壇広場を中心に、園内各所にバラを栽培しています。
6月~7月頃が見頃ですが、品種によっては秋まで咲き続けます。

モニュメントローズガーデン

モニュメント「北の森たち」を取り囲む花壇には、フロリバンダが植えられています。
開花期が長く鮮やかな赤色のバラに、花壇を縁取るラベンダーがアクセントとなっています。

モニュメントローズガーデン

(2008/07/09)

ハマナシコレクション

宿根草園の近くには「北海道各地のハマナシ」を栽培しています。
また、ダリア園近くのリリートレイン沿線では「ハマナシの園芸品種」を集めています。

ダリア園横のハマナシ

(2007/08/28)

緑化植物園内、園路沿い等

ロックガーデン・ヒースガーデン近くの園路沿いには、シュラブ系のバラがあります。

ヒースガーデン横のバラ

(2007/09/06)

緑のセンター温室前の芝生広場を取り囲むように、原種および原種系のバラを集めています。
毎年いち早く咲き、バラの季節の到来を告げてくれます。

温室前芝生広場のバラ

(2007/06/05)

寄贈バラ‘ウィニペグパークス’
展望台正面の円形花壇に植えられたバラ‘ウィニペグパークス’(Rosa cv. WinnipegParks)は、百合が原公園と友好関係にあるアシニボイン公園(Assiniboine Park)が作出し、2000年に当公園に寄贈していただいたものです。
アシニボイン公園は、カナダのマニトバ州ウィニペグ(Winnipeg, Manitoba, Canada)にあり、稚内よりも北に位置する街です。極寒の地で作出されたこのバラは、耐寒性に秀でた強健な品種で、当公園内でもかわいらしいピンク色の花をたくましく咲かせています。
すばらしいバラを寄贈してくださったアシニボイン公園に、心より感謝申し上げます。

展望台正面の風景

(2008/06/18)

バラ‘ウィニペグパークス’

(2008/06/18)