ローズウォーク

針葉樹の林の中に作られた延長約100mの散歩道です。
道の両側には個性的なオールドローズ・イングリッシュローズが植えられ、満開の頃は、たわわな花房と香りが満ちあふれます。
7月上旬が見頃です。

ローズウォークの景色1

(2008/07/13)

ローズウォークの景色2

(2008/07/13)

ローズウォークの景色3

(2007/07/09)

 

他にも、園内各所にバラ花壇があります。

シトカ・スプルース(シトカトウヒ)
ローズガーデンの西側入り口には、大きな切り株があります。
これは1986年に開催されたさっぽろ花と緑の博覧会に出展されたものです。アメリカ合衆国で生育していた樹齢約350年の巨木の一部で、博覧会開催の記念として設置されています。
シトカ・スプルース(Sitka spruce)は英語名で、和名はシトカトウヒです。材木として利用価値が高く、家具や木工品、高級将棋盤等に利用され、特にアコースティックギターの材料として優れているそうです。

(2007/10/15)