気候の活用

札幌市の気候を生かした植栽

札幌の気候は、他の地域にはない園芸の恵みをもたらしてくれます。

積雪の恵み

百合が原公園で栽培されている園芸植物の多くは、積雪によって冬の寒さから保護されています。
積雪の保温効果があるからこそ、屋外でも幅広い植物が栽培できるとも言えます。
このため、駐車場や緑のセンターへの園路など、最低限の範囲のみ除雪を行っています。

外周園路の積雪

芝生広場周辺の樹林

緑のセンターへ続く園路は除雪をする

しかし反対に、積雪の重さで樹木の枝が折れてしまうこともあります。
その対策として、必要な樹木に対しては支柱による囲いをしています。

ユキヤナギの生垣の冬囲い

ツツジの大刈込みを冬囲い

ローズウォークの冬囲いの様子

ヒースガーデンのコニファーのみ冬囲いしている様子

トレリスの冬囲い

ロックガーデンのトレリスの冬囲い

 

囲いが必要な植物のみ施すが、植栽の仕方や樹木の状態、品種などによって、囲いの仕方を細かく調整している。例えば、同じローズウォークのバラでもビニール被覆をする株としない株がある。
百合が原公園は冬季の北風がかなり強いため、ロックガーデンのトレリスに絡むクレマチスなど、通常は囲いを必要としない植物にも施すことがある。

涼しい夏

本州に比べて、気温と共に湿度の低さが、札幌の気候の特徴とも言えます。
高山性の植物など日本の夏の暑さを嫌う植物でも、百合が原公園ではその花を楽しむことができます。
「ヒマラヤの青いケシ」やクロユリ等を市街地に近い平地で見ることができるのは、この夏の涼しさの賜物です。
ダリアやラベンダーといったおなじみの植物も、涼しい夏の間も成長を続けることができ、立派な株に育てることができます。

メコノプシスの花壇

中国の高山に咲くメコノプシスも、間近に楽しめる

人の背丈ほどに成長するダリア

夏の間も成長するダリアは、人の背丈ほどの株になる

札幌市の気象データ
  • おおよその緯度・経度:東経 140度、北緯 43度
  • 平年値 気温:平均 8.5℃、最高 12.5℃、最低 4.8℃
  • 平年値 降水量:1127.6ミリメートル
  • 平年値 積雪量:降雪の合計深さ 630.0センチメートル、積雪の最大深さ 101.0センチメートル
  • 平年値 日照時間:1774.8時間
  • 暖かさの指数:71.5(冷温帯)
  • 植物耐寒限界ゾーン番号:6b

札幌市の過去30年間の平均気温と降水量・積雪量のグラフ、PDFファイルにリンクしている

※平年値は気象庁発表のデータで、30年間(1971~2000年)の平均です。右のグラフは、このデータを元に独自に作成したものです。
グラフをクリックするとPDFファイル(140キロバイト)で表示します。