『雪割草展』 好評開催中!

2017-02-06|展示会

晴れると公園の散策も気持ちがよいですね。緑のセンターでは、『雪割草展』を開催しています。雪割草(ゆきわりそう)は、雪解け後に咲く早春の花です。花の色形が豊富で、千変万化といわれます。

コピー ~ DSCF0234会場別の角度コピー ~ DSCF0239

 

DSCF0248DSCF0226

花は、光や暖かさによりますが、だいたいお昼頃に開いて、日が傾くと閉じるようです。

(左は2月1日午前11時、右は同日午後1時半の写真です。)

 

IMG_2830 - コピー

日本の落葉樹林の下などに育ちます。とくに、新潟県など日本海側のものは、多彩な花色があるそうです。

北海道に自生はありませんが、札幌の屋外で越冬できます。育てるときは、春は日に当て、夏は日陰に、など林の環境を思い浮かべるとよいそうで、会場には林の風景を模した舞台を設けました。

 

そのほか、温室ではツバキをはじめ、いろいろな花をご覧いただけます。

ミカンやレモンなど柑橘類も色づいています。

DSCF0275

グランサムツバキ

 

DSCF0201 - コピー

サザンカ‘乙女’

 

IMG_2828

パンジー、ビオラは奥深い色合いのものがたくさんあります。

ハボタンは、秋の低温に当たると白や紫に葉が色づくキャベツの仲間です。

 

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

『雪割草展』

開催期間:2017年1月31日(火)~2月19日(日)

(期間中の休館日 2/6(月)、2/13(月))

開催時間:8:45~17:15

開催場所:百合が原緑のセンター 大温室

(大温室は、植物栽培のため温度を低く抑えています。どうぞ暖かい格好でお越しください。)

温室入館料:高校生以上130円

※65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

協力:国際雪割草協会、雪割草の会

期間中、遅咲き品種を追加して展示予定です。

LINEで送る