『アザレア展』と 『雪割草展』開催中!

2017-02-14|展示会

雪解けが感じられるなか、『アザレア展』が本日2月14日(火)より始まりました!


ピンクや赤など明るい色に、バラのような八重咲き、波打つ花びらなど、会場全体を華やかに彩っています。

冬の室内で鑑賞するよう改良されたツツジを、一般にアザレアと呼んでいます。冬の暖房の効いた室内で開花が進みやすく、八重の大輪など、豪華な花が室内を明るく彩ります。

 

種類は大変豊富です。1つの株から、枝によって異なる花が咲く「枝変わり」が出やすいため、新しい花が次々と登場するのが魅力です。いっぽうで、当園では古くに登場した品種も収集、展示しています。

 

日本やアジアのツツジをもとに、ベルギー等のヨーロッパやアメリカなど、世界各地でアザレアの品種改良が行われました。

江戸時代、九州の久留米で改良が始まったクルメツツジも、アザレア展に登場します。(写真右)

 

アザレアは、華やかな花が次々と咲き約1ヶ月ほど楽しむことができます。また丈夫で育てやすく、北海道の四季の環境に無理なく適応させた管理ができるため、栽培のコツをつかめば、ご家庭にもおすすめの鉢花です。

展示会に合わせ、売店でも種類豊富に販売しております。

 

また、大温室で展示中の「雪割草」は、花数も多く、花も大きくなってきました。

 

おしべが一部花びらのようになる、二段咲きや、花びらのようになる数がもっと多いものも。

 

淡い色も、鮮やかな色も、それぞれに美しいです。

 

皆さまのお越しをお待ちしております!

 

 

『アザレア展』

開催期間:2017年2月14日(火)から3月5日(日)まで

<期間中の休館日 2/20(月)、2/27(月)>

開催時間:8:45から17:15まで

開催場所:百合が原緑のセンター 中温室

 

『雪割草展』

開催期間:2017年1月31日(火)~2月19日(日)

(期間中の休館日 2/6(月)、2/13(月))

開催時間:8:45~17:15

開催場所:百合が原緑のセンター 大温室

協力:国際雪割草協会、雪割草の会

 

温室入館料:高校生以上130円

※65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

室内の気温は冷えることもあります。ぜひ、暖かい格好でお越しください。

(植物栽培に適した温度設定となっています。)

 

LINEで送る