『レカンフラワー展』と『ツバキ展』好評開催中!

2017-03-15|展示会

『レカンフラワー展』と『ツバキ展』を開催しています。

『レカンフラワー展~立体的なフラワーアート~』は、ユリやクリスマスローズなどいろいろな季節の花が色と形を保ったままに乾燥させられ、ドレスや絵画などに美しく仕立てられています。

 

額飾りとドーム型の置くタイプを併せて、

約60点の作品を展示しています。

 

ユリを使った額飾り。肉厚で大振りなユリを使うレカンフラワーは、ほかでは見られません。

 

春らしいビオラを使った作品。鮮やかなピンク色が鮮明です。

 

アジサイを使った作品。初夏を感じます。

 

白いクリスマスローズと紫色のダリアを使った作品。花の造形の美しさが表現されています。

 

「ほっかいどうフルールアール」のみなさまの作品です。
アトリエフルールRは札幌市豊平区福住にある「六軒村エンロケン」の内にあり、体験講座やギャラリーなど様々な活動を提供しています。

こちらのレカンフラワーの「ミニ額づくり」の様子を、2016年3月12日の記事でお伝えしています。

 

これだけのレカンフラワー作品をご覧いただけるところは、

ほかにはございません。四季の花を、そのままにお楽しみいただけます。

 

※レカンフラワー作品について、写真撮影はご遠慮いただいております。

ご了承ください。

 

『レカンフラワー展』

開催期間:2017年3月14日(火)~3月20日(月祝)

開催時間:8:45~17:15

温室入館料:130円

※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

 

 

ツバキ展は後半となり、今年は遅く咲いた品種も登場しました。

‘玉之浦’は濃い紅に白の覆輪の整った花が咲きました。

 

地面に直接植えられたツバキは、白い花の品種が多く咲いています。赤い花はもう少し後のようです。

サザンカやカメリア・ロシフロラ、カメリア・グリジシーなども咲いています。

売店ではツバキの花苗を販売しています。

 

ミモザ(ギンヨウアカシア)やジンチョウゲ、ハナモモ、また、シュンランやシンビディウムなどのランも咲き、温室はいち早く春を迎えています。

 

『ツバキ展』

開催期間:2017年2月28日(火)~3月20日(月祝)

開催時間:8:45~17:15

温室入館料:130円

※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

 

 

LINEで送る