開花情報 4/14(金)

2017-04-14|開花情報

突然冬に逆戻りしたかのような猛吹雪に見舞われた札幌ですが、本日は打って変わって、初夏を思わせる陽気となり、サクラやキタコブシなどの冬芽も、少しずつ緩み始めてきています。

公園内で最初に咲き始めたシナマンサクと、スノードロップはピークを過ぎましたが、

今週末も引き続きお楽しみいただけます。

 

ロックガーデンでは、クリスマスローズ(ヘレボルス・ニゲル)とキバナセツブンソウが咲き始めました。

 

ヨーロッパ中南部の自生地では12月のクリスマスの頃に咲くヘレボルス・ニゲルですが、雪国では雪解けともに花を咲かせます。

うつむいて咲くクリスマスローズですが、ニゲルは横向きに見やすく咲いてくれます。

 

ロックガーデンの裏の緑陰では、

シクラメン・コウムがピンクのかわいらしい花をつけています。

 

ロックガーデンの園路を奥に抜けた先のヒースガーデンでは、

春咲き品種が早くも咲き始めました。

カルナ ‘キング ジョージ’

 

これから、春の花が次々と咲く、にぎやかな季節がやってきます。

 

 

緑のセンター大温室では、春の花展が好評開催中です♪

エゾヤマザクラは、花のピークは過ぎていますが、咲き残りもあり、

新緑の葉桜と併せてお楽しみいただけます。

開花が遅れていたヤマシャクヤクも次々と咲き、

来週はヒトリシズカを追加して展示する予定です。

4月23日(日)までの開催です、お見逃しなく!

 

同じく大温室で、ゴヨウツツジ(シロヤシオツツジ)が咲き始めました。

ややうつむき加減に咲く純白の花は清楚で大変美しいです。

北海道に自生しておらず、また、2m近くまで成長しないと花をつけないため、北海道ではあまり見ることがない珍しい花です。4~5輪咲き始めており、週末から来週にかけて、次々と花を咲かせます。

また皇孫殿下、敬宮愛子(としのみやあいこ)様のお印としても知られる花です。

高貴な花姿をぜひご覧ください。

 

来週の4月18日(火)から、『サクラソウ美術館』を開催します。

日本の春の花サクラソウと、欧米のサクラソウで’プリムラの宝石’と呼ばれる、

プリムラ・オーリキュラなど、サクラソウの仲間を展示します。

 

サクラソウはサクラソウ花壇という江戸時代から伝わる飾り方で、

プリムラ・オーリキュラはイギリスを中心に流行し、

今もメジャーな飾り方として用いられるステージ風の展示スタイル「シアター」飾りと額縁飾りを再現し、

それぞれ展示します。

〈過去の展示会の様子〉

伝統と芸術が彩る植物、サクラソウとその仲間を多数展示する『サクラソウ美術館』にご期待ください!

 

【サクラソウ美術館】

開催期間:平成29年4月18日(火)から5月7日(日)まで

<期間中の休館日 4/24(月)、5/1(月)>

開催場所:百合が原緑のセンター中温室

開催時間:8:45から17:15まで

温室入館料:130円

※中学生以下無料。65歳以上の方、障がいのある方は証明書等の提示で無料

 

LINEで送る