カサブランカが開花しました。

2017-08-04|開花情報

百合が原公園のユリは、遅咲きのものが開花してきています。

 

カサブランカ(Casa Blanca)

ユリの代名詞のように、よく知られているユリです。冠婚葬祭で使用されることも多いですね。

切り花では花粉をとっていることがほとんどですが、百合が原公園で花粉を含めた全体の色味を楽しめます。

 

花をみるだけなら十分ですが、全体からみるとまだ2割程度の開花です。これから続々と開花してきます。

 

 

ブラックビューティー(Black Beauty)

カノコユリとキカノコユリの交雑種です。色が濃いので晴天だとよく映えます。

非常に強健で育てやすいです。

 

ボリュームとして見ごたえがするのは上記2種類ですが・・・

 

 

百合が原公園のユリといえば、「原種」です。

キカノコユリ(L. henryi)

オレンジ色で下向き、手毬形です。上のブラックビューティーの親でもあります。

キカノコユリが丈夫なので、ブラックビューティーの強さは親譲りでしょうか。

 

キバナキカノコユリ(L. henryi var. citrinum)

キカノコユリの変種です。オレンジ色ではなく、ヤマブキ色のような色味です。

 

 

 

今回ご紹介した以外にもいくつか開花しており、ほとんどは世界の百合広場の広い園路沿いでみることができます。ブラックビューティーはひとつ内側の園路で咲いていますが、数が多いのでおそらく目に入ると思います。

 

カサブランカの裏側(?)のあたりにオニユリやキヒラトユリなども咲いていますよ。

百合が原公園のユリ後半もぜひ楽しんでください。

 

 

 

 

LINEで送る