冬至

2018-12-21|園内の様子

明日は1年で最も昼が短く、夜が長い「冬至」ですね。

ここ最近は日が暮れるのが早くて、午後4時頃にはもう暗くなってきています。

冬の芝生広場

12月20日午後4時頃の百合が原公園の様子

冬の芝生広場

12月20日午後4時頃の百合が原公園の様子

 

明日は冬至ということで、ゆず湯に入って無病息災を願うという方もいらっしゃると思いますが、百合が原緑のセンターでは、いま「木頭(きとう)ユズ」が実っています。

木頭ユズ

木頭ユズ(ミカン科 ミカン属)

 

木頭ユズは、ミカン科ミカン属の植物で、四国の徳島県木頭地方の山間部で主に生産されているユズです。

全国に広くゆずを流通させるきっかけになったものと言われています。

木頭ユズの果汁とはちみつを混ぜ、あったかい飲み物にしても良いし、ゆず湯として浸かってもおススメとのこと。

 

師走で忙しく、最近は気温のアップダウンも激しいですので、旬のものを取り入れて体調管理に気を付けて過ごしたいですね!

 

【百合が原緑のセンター温室】

温室観覧料:大人(高校生以上)130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は手帳等の証明書の提示により無料

休館日  :月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日土曜日~1月3日木曜日)

開館時間 :8:45~17:15

LINEで送る