公園についてABOUT

公園概要PARK INFORMATION

公園の概要

百合が原公園は、札幌市北区の総合公園として、昭和58年に開園した敷地面積25.4haの総合公園です。
昭和天皇陛下御在位五十年記念事業で造成された世界の百合広場には、この公園のシンボルである約100種類のユリが植栽されています。ユリの他にもライラックやチューリップなど、多くの種類の植物がテーマを持った各々の花壇に植栽された、札幌市を代表するフラワーパークです。昭和61年には、「’86さっぽろ花と緑の博覧会」の会場となり、その後、公園を中心として地域が発展してきました。
公園内の中核施設として、緑の相談や植物の展示会・講習会等により植物情報を発信する温室と、本州では栽培が困難な高山植物を植栽したロックガーデンがあり、ともに都市緑化植物園として、北国札幌の都市緑化の普及を行っています。
園内には、遊具広場やパークゴルフ場、芝生広場など遊戯施設やスポーツ施設もあり、健康増進と地域の住民のふれあいの場としても活用されています。
また、ボランティアの公園管理への参加や、植物愛好会、市民団体との共催による各種イベントも開催され、公園管理者と市民との協働により、新たな公園の利活用と市民活動の交流が行われています。

公園の歴史

1978年(昭和53年) 天皇陛下御在位五十周年事業として採択される
1979年(昭和54年) 同事業の記念広場(現「世界のユリ広場」)が北海道大学農学部による東北公園基本構想「とくに記念公園(フラワーパーク)の植栽計画について」により策定され、それに基づき、造成開始
1981年(昭和56年) 管理事務所完成
1983年(昭和58年) 東北公園から「百合が原公園」に改称される(7月15日)。供用開始。
1986年(昭和61年) 全国都市緑化フェア「‘86さっぽろ花と緑の博覧会」開催
温室、世界の庭園、リリートレインなどが設置される。
1987年(昭和62年) 都市緑化植物園「ロックガーデン」完成により造成工事終了
1988年(昭和63年) ムスカリの道造成
1988~98年(昭和63~平成10年) 苗圃改修
1990年(平成2年) 「北区ハルニレの森」造成
1993~2000年(平成5~12年) 花壇広場改修
1993~1996年(平成5~8年) ライラックライオンズクラブの協力により「ライラックコレクション」造成
1996~98年(平成8~10年) 「ローズウォーク」造成
1996年3月(平成8年) カナダ・ウイニペグ市で開かれた北方都市会議に鉢植えのユリを展示
1997年(平成9年) ライラックライオンズクラブから芝生広場休憩舎を寄贈される
1997年(平成9年) 風車館跡に「ビーチヘッジ」造成
1997年5月(平成9年) 姉妹都市提携25周年を記念してドイツ・ミュンヘン市から技術職員派遣を受け「ムンヒェナーガルデン」の花壇を改修
2000年(平成12年) 「ロックガーデン」バリアフリー改修工事終了
2001年(平成13年) カナダ・ウイニペグ市から「ユリ球根寄贈5周年」を記念し、耐寒性のバラ「ウイニペグパークス」100株を受ける。
2001~02年(平成13~14年) 大温室改修
2002年(平成14年) (社)日本公園緑地協会主催第18回都市公園コンクール管理運営
部門で(社)日本公園緑地協会長賞を受賞
2003年(平成15年) リリートレイン新車両導入
2005年(平成17年) クローバー(宿根草花壇)、ローズヒップ(ローズウォーク)ボランティア活動開始
2006年(平成18年) ミモザ(温室他植物)ボランティア活動開始
2008年(平成20年) リリートレインの燃料として、家庭で出た廃食油(バイオディーゼル燃料)の使用を開始。9月から廃食油の回収を開始。
2012年(平成24年) ガイドボランティア活動開始。
2012年(平成24年) 百合が原公園完成25周年記念『百合が原コンサート2012』事業開催。
2014年(平成26年) 札幌国際芸術祭2014「百合が原公園フラワーアート事業」として連携事業参加。
2017年(平成29年) 緑のセンター改修工事(温室、設備)
2018年(平成30年) 台風21号、胆振東部地震被害(約300本倒木、緑のセンター窓、ハウス等)

リーフレット

PDF形式でダウンロード可能なリーフレットをご用意しております。