セントポーリア展開催 幻の原種もあります

2018-05-01|展示会

5月2日(水)からはセントポーリア展が始まります。昨年は60年に一度咲くといわれる幻の原種「ゴエツエアナ」が話題を呼びましたが、今年の目玉はなんでしょうか?

 

セントポーリア ゴエツエアナ

なんと今年も咲いてくれました。株は一回り大きくなり、花数は5倍以上に増えています。2年連続の開花を成功させた北海道セントポーリア愛好会さんによると、「環境を整えることで一般家庭でも咲かせられます」とのこと。

 

昨年見逃した方、セントポーリアの苗を買いたい方、育て方の相談をしたい方、セントポーリア展へお越しください。期間が短いのでお早目にどうぞ。

 

【セントポーリア展】

開催期間:平成30年5月2日(水)~5月6日(日) ※期間が短いのでお早目にお越しください

開催時間:8:45~17:15 ※最終日は15:00まで

開催場所:百合が原緑のセンター小温室

販売  :各種セントポーリアの苗、用土、肥料など

相談窓口:セントポーリアに関することならなんでも

入館料 :130円  ※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書等の提示で無料

 

 

大温室では和洋のサクラソウの仲間を集めた展示会【サクラソウ美術館】が開催中です。今なら1回分の入館料で2つの展示会を楽しめます。

サクラソウ ’赤蜻蛉’

江戸時代、荒川河川敷では「よしず」の材料のヨシをとるため、春に野焼きを行うなど管理が行われるようになりました。これによって荒川河川敷は春になると日光がよく当たるなど、サクラソウの生育に適した環境となり、サクラソウの大群生地が成立しました。ここから日本のサクラソウ文化が作られていきました。

 

グレイ/ホワイトエッジオーリキュラ ’シルバーウェイ’

ヨーロッパアルプスに生育するサクラソウの仲間は、16世紀頃から始まった品種改良によって、まるで絵画か宝石のような姿へと変貌しました。園芸家の厳しい審査を通過したものは特に「オーリキュラ」と呼ばれ、一つの園芸品種群として確立しました。

 

【サクラソウ美術館】

開催期間:平成30年4月24日(火)~5月13日(日)

開催時間:8:45~17:15

開催場所:百合が原緑のセンター中温室

販売  :サクラソウとオーリキュラ好評販売中

入館料 :130円  ※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書等の提示で無料

 

 

園内ではオリエンテーリングを開催中です。どなたでも無料で参加できます。クイズは全部で6問。小さなお子様からご年配の方まで、たくさんの方の挑戦をお待ちしております。

【オリエンテーリング】

開催期間:平成30年4月28日(土)~5月13日(日)

開催時間:9:00~16:30

受付場所:緑のセンター受付・世界の庭園受付・リリートレイン改札

解答提出:緑のセンター受付・世界の庭園受付

参加費 :無料

参加者には百合が原公園記念シールをプレゼントいたします。

 

 


まもなく始まる展示会のご紹介

【キッチンガーデン展】

開催期間:平成30年5月8日(火)~5月20日(日)

開催時間:8:45~17:15

開催場所:百合が原緑のセンター大温室

入館料 :130円  ※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書等の提示で無料

LINEで送る