コケと札幌軟石の共演

2018-07-13|展示会

コケというと、ジメジメとした薄暗い場所で育つ地味なイメージで、森の中や道路脇にある緑色のものといった印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、侘びさびや禅的な魅力をもつ日本を代表する植物です。日本の国家の歌詞の中にも登場します。

日本庭園のコケ

百合が原公園「日本庭園内」にある「ししおどしとコケ」

 

今そんな「コケ」が「苔玉」として販売され、緑のインテリアとして注目されています。

(※苔玉とは、植物の根を用土で丸く包み込み、その周囲にコケ植物を貼り付け、紐などで固定したものです。)

また、「札幌軟石」はその名の通り、「札幌」で採れた「やわらかい石」で、支笏湖を作った火山の大噴火のときに火砕流が冷え固まって出来たものです。

この「札幌軟石」、北海道開拓のときに建てられた建造物に数多く使われ、札幌市内を散策していると今も目にすることができます。

今人気の古民家カフェなどおしゃれスポットとしても生まれ変わっていて、「札幌軟石」の魅力が再発見されています。

 

そんな「コケ」と「札幌軟石」を合わせた展示会を百合が原緑のセンター小温室で開催しています。

会場内ではいろんなコケを比較しながら見られるよう、まるで「じゅうたん」のように敷き詰めたコケの展示や様々な形をした札幌軟石とコケを合わせた鉢を展示しています。

たくさんのコケを敷き詰めた展示物

コケのじゅうたん

ハネヒツジゴケ

ハネヒツジゴケ(アオギヌゴケ科)

コホウオウゴケ

コホウオウゴケ(ホウオウゴケ科)

 

札幌軟石の販売も行っております。

 

『軟石や』 札幌軟石

『軟石や』製の札幌軟石

 

「コケ」と「札幌軟石」が作り出す展示物は、やわらかく、しっとりとした風情があり、観る者にゆったりとした時間や癒しを感じさせてくれます。

来週の月曜日まで開催しています。是非ご覧ください。

そして、同時開催中のユリの展示会とフクシアの展示会も、同じく月曜日までとなっておりますので、お早目に。

 

【札幌軟石とコケ~繊細なコケを観る暮らし~】

開催期間:平成30年7月10日火曜日~7月16日月曜日祝日

開催場所:百合が原公園緑のセンター 小温室

 

【ユリ展~原種をはじめとしたユリの紹介~】

開催期間:平成7月3日火曜日~7月16日月曜日祝日

開催場所:百合が原公園緑のセンター 大温室

 

【貴婦人のイヤリング~多彩な花色と花形のフクシアコレクション~】

開催期間:平成30年6月19日火曜日~7月16日月曜日祝日

開催場所:百合が原公園緑のセンター 中温室

 

全ての展示会の開催時間:8:45~17:15

観覧料 :高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は手帳等の証明書の提示により無料。一度の入場で3つすべての展示会を同時にご覧頂けます。

LINEで送る