早春を感じるイベント♪

2019-01-29|展示会

北海道は雪深く寒さの厳しい日が続いておりますが、百合が原緑のセンター大温室では、一足早く春を感じるイベント「福寿草と雪割草展~春を告げる雪国の妖精たち~」を今日から開催しています!

福寿草と雪割草展

福寿草と雪割草展の様子

 

福寿草と雪割草展

福寿草と雪割草展の様子

 

福寿草・雪割草どちらも春を告げる花の代表で、福寿草はキンポウゲ科フクジュソウ属、雪割草はキンポウゲ科ミスミソウ属の多年草です。

福寿草

福寿草(キンポウゲ科フクジュソウ属)

 

福寿草という和名には「新春を祝う」という意味があり、元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名があります。江戸時代から多数の園芸品種がつくられている古典園芸書植物で、黄色のほかにも緋色や緑色の花をつける品種もあります。

福寿草

福寿草(雪解けの頃の外の様子を表現)

 

雪割草

雪割草(キンポウゲ科 ミスミソウ属)

 

雪割草は、桃色・藤色・白・緑などの花色で、大きさは約1㎝~3㎝、咲き方も一重や二段咲き、千重など花の色形が豊富です。草丈も小さく可憐な花姿が魅力です。

碧空

`碧空’(雪割草)

 

黒天狗

`黒天狗’(雪割草)

 

今回の展示会では、福寿草約12品種約107株、雪割草約52品種約167株を展示いたします(福寿草は新たに7品種導入)。

開催期間中は、来館者の方にどの花が好きかを投票していただく人気投票も行います!

咲き方の詳しい解説も掲示しておりますので、是非見比べていただき、それぞれの魅力を感じていただけたらと思います。

投票の結果は2月19日火曜日に百合が原公園ホームページと園内掲示板で発表いたします。

また、温室隣りの百合が原公園ガーデンショップでは、苗の販売も行います(展示物とは異なるものあり)。

 

暦の上ではもうすぐ立春です。

寒も明け、少しずつ春の息吹を感じる頃になってきます。

百合が原公園で、一足早い春を感じてみませんか?

 

【福寿草と雪割草展~春を告げる雪国の妖精たち~】

開催期間:平成31年1月29日火曜日~2月17日日曜日

開催時間:8:45~17:15

休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

開催場所:百合が原緑のセンター 大温室

観覧料:高校生以上130円 ※中学生以下、65歳以上の方、障がいのある方は手帳等の証明書提示により無料

主催:(公財)札幌市公園緑化協会