ヒマラヤの青いケシが開花しました!

2014-06-09|開花情報

暑い日が続いていましたが、気候もようやく落ち着いて恵みの雨が降りましたね。

百合が原公園は、園内のライラックも峠を過ぎ、フジも終わりに向かっています。

そんな中、心待ちにしていた方も多いかと思います。

ペドニキ①

ヒマラヤの青いケシ、開花しました!

 

ケシ科メコノプシス属[Meconopsis]の植物で、一般に”ヒマラヤの青いケシ”と呼ばれます。

今回開花したのは、メコノプシス ベトニキフォリア[M. betonicifolia]です。

 

ヒマラヤやチベット、中国西南部の標高4,000mの高地などに分布しています。

暑さに非常に弱いので、日本の中でも冷涼な北海道は栽培に向いています。

といっても、特に近年は暑い夏が北海道にもありますので、栽培が簡単、とは言えません。

 

ペドニキ②

こちらも上で紹介したものと同じ品種[M. betonicifolia]です。

先に紹介した花よりも赤みが強いので紫に近いですね。

 

この2つが今年最初の花で、つぼみもたくさんあります。順次開花していく予定です。

また青いケシの横には仲間であるヨーロッパ産種のカンブリカ[M. cambrica]も、

オレンジ色の花をたくさん咲かせています。

 

メコノプシス花壇の場所は、世界の庭園内です。

庭園内では今、フジやツツジ、キングサリやウツギの花もご覧いただけますので、

庭園の雰囲気を味わうのと合わせて是非おこしください。

 

 

 

『世界の庭園』

日本庭園に加え、札幌市と姉妹都市である3市(瀋陽市/中国、ミュンヘン市/ドイツ、ポートランド市/アメリカ)との四庭園からなる庭園エリア。

利用料金:高校生以上130円

※65歳以上の方は年齢を証明できる身分証の提示、

障がいのある方は身障者手帳を提示でそれぞれ無料。

時間:8時45分~17時15分

LINEで送る