温室と展示会のお知らせ

2018-02-02|園内の様子

百合が原公園は札幌市の中でも北の方に位置しているため、「札幌市」よりも少し寒いです。

今日など、最寄りの観測所で最低気温-17度を記録しています。寒いですね。

 

さて、そんな寒い冬でもお花が見られる「緑のセンター温室」についてお知らせします。

「緑のセンター温室」は、2月14日のオープンに向けて改修工事のラストスパートをかけています。

 

今回整備された「ツバキの小道」です。

車イスでもツバキの間を通れるようになりました。

床はウッドチップを取り除いて透水性のある環境舗装に変更しています。

 

ツバキの花もちらほら咲いています。

縁が白くてかわいい「玉之浦」

 

横顔が美人な「対馬の娘」

 

ギンヨウアカシア(ミモザ)も咲き始めました。

オープンが楽しみです!

 

オープン初日の2月14日は、大・中・小全ての温室で別々の展示会が行われています。

大・中・小温室は繋がっていて、緑のセンターの入り口からまっすぐ入った所、お客様が最初に足を踏み入れる所が中温室で、その隣、右手側の部屋が小温室で左手側が大温室です。

 

①市民ラン展~市民参加のランの展示会~(小温室)

ラン愛好会の札幌オーキッド・ユウ・アーク、恵庭オーキッド倶楽部、そして一般参加の方により、豪華で華やかなランが並びます。

【期間】展示会は2月14日(水)~18日(日)、最終日は15時まで。

※ランの出展を希望される方は2月12日までに百合が原公園までお問い合わせください。

詳細はその際にお伝えいたします。

 

②アザレア展~道内最大級のコレクション~(中温室)

道内最大級・約150種類200鉢の、明るい鮮やかなアザレアの花を満喫できます。

【期間】2月14日(水)~3月4日(日)

 

③雪割草展~春を告げる北国の妖精たち~(大温室)

雪解け後の早春の林でいち早く花を咲かせる、可愛らしい雪割草を展示します。

※北海道に自生地はありません

【期間】2月14日(水)~25日(日)

 

緑のセンター温室の開館時間は8:45~17:15まで(月曜休館、祝日の場合は翌平日)

入館料は130円(高校生以上)、中学生以下、65歳以上の方は年齢が分かる証明書(保険証など)のご提示で無料、障がいのある方は手帳のご提示で無料です。

 

その他、ご不明な点がございましたら百合が原公園管理事務所(電話011-772-4722)までお問い合わせください。

LINEで送る