鉢物のミモザ(ギンヨウアカシア)開花中です

2019-12-26|開花情報

百合が原緑のセンター中温室では鉢物のミモザ(ギンヨウアカシア)が開花をはじめました。ミモザと言えば百合が原公園のシンボルツリーで、大温室内で約6mを超える幹を大きく伸ばしそびえ立っています。例年、大温室のミモザの開花時期は2月末からとなりますが、これに先駆けて今回は鉢物のミモザが開花しました。

ミモザ(ギンヨウアカシア)

ミモザ(マメ科アカシア属ギンヨウアカシア)

マメ科アカシア属の常緑小高木で、オーストラリア南東部原産です。シルバーリーフと呼ばれる白みがかったグリーンの葉と、綿毛のような明るい黄色の花が特徴で、古くから「春を告げる花」として愛され、葉と花色のコントラストが魅力です。

 

ミモザの花

 

大温室のミモザの様子はというと

大温室のミモザ

2月末の開花に向けて、こちらもゆっくりと準備を進めているようです!

大温室ミモザの花の様子

花芽もまだ青く感じますね。

 

鉢物ミモザ

ぜひ可愛らしい鉢物のミモザの開花をご覧に、百合が原緑のセンター中温室にいらっしゃいませんか?

 

なお、年内の営業は12月28日土曜日まで、新年は令和2年1月4日土曜日からの営業となっております。お間違えのないようお気を付けてお越しください。

 

【百合が原緑のセンター温室】

開館時間:8時45分から17時15分

休館日:月曜(月曜祝日の場合、翌平日休館)、12月29日日曜日から1月3日金曜日

観覧料:高校生以上130円

中学生以下、65歳以上、障がいのある方は手帳等の証明書提示により無料