温室ではヒガンバナやスイレンが開花中です。

2019-08-20|開花情報

昨日までの暑さが嘘のように、今朝は肌寒くとうとう雨も降りだしてきました。小学校も2学期が始まり、少しずつ秋の訪れを感じますが百合が原緑のセンター温室ではヒガンバナとスイレンが開花しています。

ヒガンバナ ‘ピンキー’

ヒガンバナ ‘ピンキー’(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属)

 

ヒガンバナ ‘羽衣’

ヒガンバナ ‘羽衣’(ヒガンバナ科 ヒガンバナ属)

ヒガンバナ(彼岸花)は夏の終わりから秋にかけて咲く花で、1本の真っ直ぐな緑色の茎の先端に、直径約10cm前後の花を咲かせます。花びらの色は品種改良が進み種類によって違いますが、日本で多くみられる彼岸花の色は赤。田んぼなどのあぜ道に咲いている風景が印象的ですが、こちらの温室では色とりどりのヒガンバナが開花しています。

 

こちらはスイレンです。

温帯性スイレン ‘インナーライト’

温帯性スイレン ‘インナーライト’(スイレン科 スイレン属)

スイレンは品種によって違いはあるものの、初夏から開花が始まり見頃の最盛期は7月頃。まさしく夏の花のイメージです。花色は白、ピンク、黄などあり、花は昼咲き性で日が高くなるころには閉じます。暖かい場所ほど開花期間が長くなります。

 

夏を感じる花、秋の訪れを感じる花。それぞれを楽しめる百合が原緑のセンター温室にみなさまも是非お越しください。

【百合が原緑のセンター温室】

営業時間:8時45分から17時15分

料金:高校生以上130円

※中学生以下、65歳以上、障がいのある方は証明書提示で無料